カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

pikupiku♪

Author:pikupiku♪
*pikupikuママ*
30歳。現在育休中の新米ママです。
*pikupiku*
2006年7月生まれの女の子。
髪がふさふさしています。
pikupikuは胎児名。エコーで心臓の動きを見たときからそう呼んでます。
*夫*
会社員。

子ども中心ではなくて、夫婦を子どもが囲むようなFamilyを理想としてますが。pikupikuの魅力に圧倒される日々が始まってます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

How old is pikupiku?

*script by KT*

ブロとも申請フォーム

Thank you for coming♪

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ2さい

 早いものでpikupikuももうすぐ2さい。保育園のプールが始まり、髪を二つに結ぶようになって、ますます赤ちゃんらしさがなくなってきました。今朝は、わたしのきらいな「し~」をつけたり。気のせい?と思ってましたが、何度か「ないし~」とか、「いやだし~」とか言ったので、ことば遣いが気になるとしになっちゃったと驚きました。保育園で覚えてきたに違いない。
 彼女の口ぐせ、「おかしい!」についても、最近気になっていたので、今日心理士に尋ねてきました。pikupikuはおもちゃや袋が開かないときは「かたい!」と怒り、他のうまくいかないことには「おかしい!」と怒ります。ちょっとへんなことば遣いだなぁと思って質問したら、どうやらわたしが言ってるかららしい。そういえば、わたしもよくおかしいって言います。よく聞いているなぁ。

 今日は復帰後初めてわたしが主となって会議をひらきました。週末もずっと気になって心休まらず。いったん知識がない人だなと思われると、この先どんな良いことを言っても聞いてもらえないよ、との上司のアドバイス。その通りです。久しぶりに緊張感を味わいました。
 復帰後もう3ヶ月。先月はすっかり保育園の延長保育に慣れてしまって、だらだらお迎えに行くと先生から一言いただくはめになりました。今月は気をつけなきゃ。
 
 pikupikuは今週ヘルパンギーナに。でもすっかりよくなり、一緒に誕生日プレゼントを見に行きました。pikupikuが欲しいのはカサとジュースらしいですが・・もう母娘の好みは合わない!

保育園での悲喜こもごも

 保育園に入園してもう2ヶ月半。わたしがお迎えに行くとpikupikuは「ママっ!」と飛びついてきます。それまでどんなに楽しそうにしていても、わたしの顔を見ると泣いて飛びつき、「せんせいバイバイ!」とごあいさつ。お友だちのお母さんがお迎えにくるのもよくわかるらしく、「ゆなちゃん(の)ママ~」とか「みっちゃん(の)ママ~」とか、お迎えのたびにpikupikuちゃん言ってくれるよ、とよそのお母さんたちからもよく言われます。
 お友だちママさんの顔だけじゃなくて、お迎えにきているんだ、ということも十分わかるようで。先日、お友だちのお帰り場面を見送るpikupikuを見ました。わたしが来たことに気付かない様子で、指をすいつつ、本当に寂しそうに。表情がないというか・・。pikupikuのお迎えはいつもクラスでかなりの最後。毎日何組もの親子をこうして見ているんだなぁ。家でずっと育てていたら、出会うことのなかった表情をふと見つける瞬間でした。
 とはいえ、おもしろいことがいっぱいあるのも保育園。最近のわたしのお気に入りはpikupikuの歌です。わたしの知らない時間を過ごすpikupiku。いきなり歌うのでびっくり。チューリップやぞうさんを歌うたどたどしいメロディーの愛らしさには笑えます。もしもしかめよの歌詞だって、「せかいのうちで~」って、世界!う~んpikupikuが世界を語る日が来たとは!!です。ピアノでメロディーを弾いてあげたら、もう大喜び。一緒になって歌ってくれます。かわいいなぁ。
育児記録にことばも書きとめていたのですが、それは1歳9ヶ月で終わり。もう増えすぎて書けません。pikupikuのことばはぐんぐん広がって、ちょうどそういう時期と、保育園生活が重なったのかな。帰りの車は「○○(スーパーやホームセンターの名前)いこっか~」「だめだめいかないよ~」というお一人会話から、「おひさまいた~」とか、「川あった~」とか。川は初めは「じゃ~」「みずぅ」だったのに、いつの間にか川になってて、先生に教えてもらったのかなぁ。
 私たちへのことばは、依頼が多いです。「チーズとって~」「抱っこして~」「本よんで~」いつも何か頼んできます。かわいいのは、雨の日のお帰りの場面。「pikuちゃんもかさほしい~。かさいいなぁ」ママのをあげるよと言うと「自分のほしい~」必ず言う雨の日の楽しみな会話です。傘くらい買ってあげたいけど、雨の朝、傘をさすpikupikuを保育園に送るのは大変すぎるという夫の反対にて買えずにいます。そして、週末わたしが朝寝坊すると「ママ起きて~」「ママ起きてくぅさい」(最近、くださいという丁寧語も知ったらしい)そして起きると「わ~いわ~いママ起きた~」う~んこの芝居がかった口調が笑わせてくれます。
 最後にこれを。ノンタンのあかんべする絵本が大好きなpikupiku。鳥さんがびっくりしてたまごを落としそうになる場面があります。それを見たpikupiku。たまごを指差し「鳥さんごはん!」たまごは鳥にとっては赤ちゃんだよ~。子どもの言葉っていいなぁ。

鯉のぼりを見たら

 保育園に行きはじめて早や1ヶ月。わたしの時短勤務ももう終わりです。
 朝5時ごろに起きて、夕食の準備をし、帰宅したら大慌てで食べさせてお風呂へ、そして寝かしつけ。ものすごく大変なんだろうと思っていましたが、結構大丈夫。夫の活躍があるからです、きっと。彼も毎日大忙し。朝の準備に保育園への送り。これだけでも、言葉で言い表せない大変な内容です。最近トイレに目覚めたpikupiku。おまるに座っても出ないのですが、「おといれ~!」と言いながらさっさとトイレに行ってしまいます。朝の忙しいときに~なのですが、夫は毎回ていねいに相手をし、ほんとに頭が下がります。こんな母にはpikupikuもトイレの手伝いを頼みにこない。
 そして、大量の洗たくや、1分でも過ぎたらかかる延長料金など、大変なことはいっぱいあるのですが、pikupikuは保育園を楽しんでいて。
 「かいせんせ~バイバイ!」「しゅんちゃんバイバイ!」と延々続く名前+バイバイのお話。友だちの名前がいっぱいでてきて面白い。
 pikupikuが虹、と呼ぶ鯉のぼり。車からでも見えると「にじあった~」と大騒ぎです。そうして、最近では「屋根より高い鯉のぼり♪」と歌い始め。その出だしはあんまりわからないけど、メロディーらしき雰囲気と一緒に、右手を大きく回しています。この振り付けはいったい??
 鯉のぼりよりは上手に歌えるのがぞうさんです。「そ~よかあしゃんも」のあたりで、おっぞうさんを歌っているなと気付く程度なんですが、お気に入り。フシギなのは、これまでわたしだって童謡を歌ってきたのに一つも覚えず、保育園では歌えるほど覚えてくること。なんでだろう。
 駐車場や渋滞場面では「ぶっぶーいっぱいいるね~」ぶっぶーというのは普通の車で、バスと救急車を言い分けるようになりました。「ぴんぽんぴんぽん救急車」バイクの音は変わらず大嫌いで「バイクばいば~い」
 昨日は歯みがきをしすぎて、わたしに怒っていました。入浴後からだを拭こうとしたら「ママバイバイ!」と大泣き。バイバイにはあっちへ行っての意味もあったのかぁ。ふむふむ。

 相変わらずしまじろは大事にしていて「ぷち!」と呼ばれてます。ある日、帰宅すると、ぷちはお布団のようなタオルで寝かされていました。朝はわたしのほうが先に出るので、こういう場面には嬉しくなります。楽しい朝だったんだなぁと知る手がかりです。
コピー ~ CIMG3444

砺波チューリップフェア

 今年は職場復帰したばかりで、お休みも取りづらいので?帰省は取りやめ。近場へGo!というわけで砺波のチューリップフェアに行ってきました。結婚してからは、ずっとGWは帰省でしたが、以前は何回か行ったことがあります。もちろんpikupikuは初めて。
 前はこんな風だった??というくらい暑くて・・。チューリップで絵が描かれているのですが、今年は虹でした。以前はキャラクターだったときもあったのですが、pikupikuにはちょっとわからない大人向けのデザイン。素敵でした。
 球根の予約もできます。いつも実家に贈っていたのですが、今回は自宅へ。夫の希望は「アイスクリーム」これは何と一番高くて1球が900円!うちにはだめだめ。
コピー ~ CIMG3612

 富山港にも行ってみました。美しい帆の船(有名なのですが、名前を忘れてしまいました)と、お花の迷路がありました。入り口には向かえるpikupiku。順路はちっともわかっていません・・。反対だよ~。
コピー ~ CIMG3551

 宿泊先では。お布団でいないいないばぁに夢中。
コピー ~ CIMG3608

動物園

 週末は久しぶりの動物園へ行きました。前回は植物園を見たので、こちらの動物園は初めてです。
 なにやら濁った池の周りに人がたくさん。なにがいるのかなぁと私たちも見ていたら。カバさん2匹!カバとサイの区別がつきにくかったわたしですが、カバは水中で長くいられることを知りました。ものすごく近くに突然現れ、大きな口を開けるカバ。みんな夢中でした。pikupikuは「こわいよ~」と夫の袖を持ったまま。すごい迫力でした。
 その後、pikupikuが気に入ったのは、サファリエリア。ところどころから、動物が見えるようになっていて、離れません。
コピー ~ CIMG3430
 ベビーカーから降り、次へ進もうと言っても、ちゃっかりとサファリに戻るpikupiku。動物はずい分遠くに見えるのですが。
 初めてちゃんと見たペンギンにはガラス越しに「どーじょ」と何か食べ物らしきものを配り続けていました。「おさるさん おうち~」「とりさん おうち~」動物園が楽しめる年頃になってきました。

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。